FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WiMAX URoad-8000 Windows7で切断対策のまとめ

  • 2012/04/21 22:50
  • Category: WiMAX
しばらく前からWiMAX UROad-8000で頻繁な切断・再起動の現象に悩まされてきた。現象は以下の2通り。
(1) URoad-8000を介してネットに接続するとURoad-8000本体が再起動してしまう(OSを問わない)。
(2) URoad-8000を介してネットに接続するとWAN側が切断されてしまう(Windows7のみ)。

(1)の現象に基づきサポートセンターさんとやり取りを重ね、初期不良交換となった。その後、新しいURoad-8000でしばらく運用していたが、(1)の再起動現象は収まったものの、(2)のWAN側の切断は一向に回復しない。WindowsXPでは何の問題もなく、Windows7でのみ発生するのだ。多い時には数十秒おきに切断と接続を繰り返す。まともに使えたものではない。

また、(1)も(2)も不思議な事に日曜日の午後2時前後に最も頻発し、平日の夜間にはほとんど発生しない。ということはWiMAX側やWiFiの混雑・輻輳といった周辺環境が原因かということになるが、それならWindows7でのみ生じることが解せない。

サポートセンターともいろいろやり取りしたけれど、本日、どうやら見限られた模様。あとは自分でなんとかするしかない。ただ、本日16:40現在、前日夜から現象が出ておらず、一部の対策が効いてるかもしれない。なので、その対策を一覧でまとめておく。

(1) 「inSSIDer」でWiFi利用状況を確認し、なるべく空いているチャンネルを探して固定設定(当家ではch13)
(2) WPS設定を無効に変更
(3) SSID2名称を変更
(4) セキュリティモードをWPA2-PSKに変更
(5) WPAアルゴリズムをAESのみに変更(←TKIPAESではない)
(6) パスフレーズを20桁ほどに変更
(7) URoad-8000メニューで工場出荷時設定にする
(8) 端末裏蓋をとったところのハードウェアリセットボタンを押下する
(9) IPv6を無効にする
(10) NetBIOS over TCP/IPを無効にする
(11) Windowsファイルの共有を無効にする
(12) WAN側の信号強度を強める(アルミホイルを貼る等)←実際に利得は向上した
(13) Windows7機の無線LANアダプタのドライバを更新

1はWiFi電波の輻輳対策、2~6は2chで攻撃されてる可能性を指摘されたためセキュリティ対策、7~11はネットで検索したWindows7での無線LANの切断対策を実行したもの、12は信号強度を強めれば治るかと思ったため、13はてっきり最新のドライバと思っていたが某所の指摘により少し古いことが判明したので更新。

ただ、もしこれで現象がおさまったとすると納得いかない点がある。無線LANのチャンネルや信号の輻輳・干渉で無線LANが切断されるのは分かる。だけどどうしてそれでURoad-8000本体まで再起動したり、WAN(WiMAX)の切断が生じるのだろうか・・・そんなことは理屈的にありえない気がする。

もっとも、今回、初期不良交換で一度端末を交換しており、本体再起動は旧端末でしか発生していない。なので、再起動の原因はやはり初期不良だったのだろう。初期不良により基板が弱い?か何かの理由で、切断される原因となっているなんらかの事情が影響したのだろうと思う。それしか考えられない。

あとは頻繁な切断対策のみ。
上記の通り本日現在、現象は落ち着いている。が、今後現象再現したときの対処は以下の通り考えている。

・ Windows7端末のWiFi子機を強化。WiFi利得を向上させ、輻輳に負けない強い子にする。
・ WiMAXルータを交換し、URoad-8000固有の症状の可能性を排除する。
・ また、上記ルータは有線LANポートがあるものにし、WiFiアクセスポイント専用機を入れられるようにする。
・ WiFI親子機を上記の通り強化し、URoad-8000固有の問題の可能性も排除して、それでもダメなら、諦める。

ちなみに、Windows7機のメインユーザ(嫁)の情報によると、ネット回遊していて数分間あるページを見ていて、その後別のページに遷移しようとすると切断される・・・というのが主なパターンらしい。

はっきり記載しておくけれど、これからWiMAXを利用しようという方、モバイルで持ち運ぶならともかく、自宅で固定的に利用する場合は、URoad-8000は絶対におすすめしません。同じシンセイの製品でもURoad-homeにしておく事をおすすめします。URoad-8000は軽量化のためにいろいろ犠牲にしているように推察しています(あくまで推察です)。本エントリの他にも、ネットで「URoad-8000 切断」とか「URoad-8000 再起動」とか検索してみてください。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://muurimemo.blog.fc2.com/tb.php/32-21265aa0

Comment

通りすがりの8000ユーザー

私はファームをアップデートしてからおかしくなりましたよ
古いバージョンでは問題無く使えていました
  • URL
  • 2012/09/15 16:45
  • Edit

winmostar

(2) URoad-8000を介してネットに接続するとWAN側が切断されてしまう
ファームのアップデート後に発生しましたが、11b/g/n混在モードを11b/g混在モードにしてOKになりました。
  • URL
  • 2013/03/05 11:16

sagiii

私のも最近になって再起動するようになりました.いまのところ発生条件はわからないです.ただ,自作デバイスとかで電源電圧が降下するとこういう再起動は起きるので,uroad8000の電源設計を疑っています.nを切ると安定する(追試してません),というのも,nが一番電流を食うので,符合すると思います.
  • URL
  • 2013/03/18 18:26

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。